見通し

「競争ではなく、協力を」 — 女性史月間を祝して

国際女性デーのロゴ

2015年、ハーバード・ビジネス・レビューは「ニュースで取り上げられた専門家のうち女性はわずか19%、世界に向けてニュースを発信する記者では37%である」と報告しています。質の高いジャーナリズムを強化することに尽力している組織として、私たちはその声を支持し、これらのニュースに命を吹き込むこと、署名入り記事に顔と名前が出る機会における平等と多様性を求めて戦うことが同様に重要だと感じています。

1年におよぶ戦いですが、国際女性デー(3月8日)および女性史月間に合わせて3月に特に大きなスポットライトを浴びるものでもあります。この行事を記念して、私たちは受賞歴を誇る作家であり、編集者であり、政治的にも積極的に発言しているリリー・ハーマンをオフィスにお招きし、その経験、知見、お勧めなどをジャーナリズム界周辺にいる私たちに向けてお話しいただきました。

ここではそのディスカッションの中から学んだ中でも、私たちが特にお勧めする実践可能なこと、日々の生活の中で実行できる活動をいくつかご紹介します。

全員の力を結集する。

女性の地位向上についての会話は周囲から孤立した状態で起こりがちです。他の女性たちと困難について語る中でフラストレーションをさらけだし、仲間意識を感じることは簡単です。ですが、リリーも話しているように、「女性の地位向上は女性の肩だけにかかっているのではありません。私たち全員が力を合わせてアクションを起こし、社会から取り残され、軽視されているすべてのグループをサポートする必要があるのです。」

男性も女性と同様、ジェンダー平等にまつわる会話において大きな役割を果たしています。女性やマイノリティーが発言権を増すにはどうするか話し合うディスカッションに男性も招き入れることは必須なのです。アクションはオープンで透明性のある対話から生まれます。私たちがさらに支援を得るためには私たちの抱える課題をすべての関係者たちに(「釈迦に説法」をし続けるのではなく)十分に説明をする必要があります。

「お互いを競争相手としてではなく、協力者として見る女性には本当に力強い何かを感じます」とリリーは語っています。

女性とマイノリティーはお互いを攻撃するのではなく、支え合ってはしごを上っていかなくてはなりません。メンターとなること、建設的なフィードバックを提供すること、そしてもう一度申し上げますが、オープンで率直に対話することはすべて、競争ではなく協力を促進することにつながります。

前進を称える。

テクノロジー業界およびデジタルメディア業界の状況は(他の多数の業界と同様)、ジェンダー平等を完全に達成するには程遠いとはいえ、前進があったと喜べるときには喜ぶべきです。

協力し、集団となってお互い前進を目指しつつ、仲間がはしごを新たに1段上れた時には、一旦立ち止まって祝福することを忘れないようにしましょう。偉大な晴らしい業績を称え、素晴らしいメンターに感謝し、トップを目指す仲間に祝杯を挙げましょう。

例えばIndexでは人材チームが先日、グローバルレベルでの育児休暇ポリシーを発表しました。このポリシーにより、すべての働いている親(または出産を控えた親)は子の出生後最長26週間の有給休暇を取得することが可能となります。個人レベルの勝利や前進ではありませんが、私たちの組織の女性にとっては(もちろん男性やノンバイナリーの人たちにとっても)画期的な前進であり、早速内部で称賛があつまった件でもありました。

結局のところ、力を得た女性が女性を力づけるのです。#EachForEqual

前進を称え、お互いを力づける。その一環として、私たちはトップクラスのジャーナリストとインデクサー数人に依頼し、平等を支持するお気に入りの本、映画、ポッドキャストを教えていただきました。その中でも特にお勧めのものをご紹介します。この先が予測できない時代に自分を少し駆り立てたい時や心穏やかに過ごす時間が欲しい時、お役に立つはずです。

本:ジア・トレンティーノ著『Trick Mirror』、ミシェル・オバマ著『マイ・ストーリー』、ヴァージニア・ウルフ著『自分ひとりの部屋』、レニ・ツマス著『Red Clocks』マーガレット・アトウッド著『侍女の物語』、『The Testaments』、エレナ・フェッランテ著『ナポリの物語』、シルヴィア・プラス著『ベル・ジャー』、タラ・ウェストーバー著『Educated』、チママンダ・ンゴズィ アディーチェ著『アメリカーナ』、『半分のぼった黄色い太陽』、ジェネプ・タフェキ著『Twitter And Tear Gas』

映画:『若草物語』、『レディ・バード』、『ミーン・ガールズ』、『プリティ・リーグ』、『5時から7時までのクレオ』、『ロスト・イン・トランスレーション』、『ワンダーウーマン』

ポッドキャスト:『Women At Work』『Pretty Big Deal with Ashley Graham』『Unladylike』『The Secret Lives of Black Women』『Small Doses with Amanda Seales』『Serial』『Stuff Mom Never Told You』『Ologies』『Women Who』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です