Press

Ad Age: 『2019年のプログラマティック広告についての5つの抱負』

私たちの業界では、年末は「R&R」の時とされています。これは、ひと休みして (Rest) リラックスする (Relaxation) ということではなく、一年を振り返って (Reflect) 来年の抱負 (Resolution) を立てることを意味しています(デジタル広告のエコシステムは、決して眠ることなどありません)。今年の成功を来年も繰り返せるよう、そして進歩と革新を継続できるよう、今年達成できたこととできなかったことの両方を評価し、理解する時なのです。

私の抱負は、基本的には業界内外のCEOの皆さんがおっしゃる事とあまり違いはないだろうと思います。しかし私としては、当社の敏捷さ、効率の良さ、揺るぎなさを増したいと願っています。そして、皆様との関係を強化し、私たち自身のアイデンティティをより深く理解して行きたいと考えています。

とは言え、目標の達成というものは、そばにいて支えてくれる(文字通りの意味でも、比喩的な意味でも)パートナーがいれば、その達成がより確実になります。ですから私は、当社のパートナーの皆様と、そして競合各社の皆様にも、私が2019年に向けて立てた目標の達成にご参加願いたいと存じます。

Read More at Ad Age

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です