IX Perspectives

お互いに支え合う:当社のメンタルヘルス啓発月間 (Mental Health Awareness Month) の合言葉

「メンタルヘルス啓発月間に、多様性を持つ人々が手を取り合い、お互いを支えることを表明しました。」

世界中でロックダウンなどの活動制限が実施される前の20201月、当社では企業としてのコアバリューを刷新し、その業務理念をIndex Exchangeの真髄を捉えるキーメッセージへと集約しました。そのメッセージの一つにお互いに支え合うこと、それが大切である」(“Support Each Other. It Matters.”) があります。この合言葉は、世界的なパンデミックの影響を受け、業界、地域社会、また家庭において今までにない挑戦に直面する中で、極めて重要で、欠かせないものとなることでしょう。

昨今のパンデミックによる厳しいプレッシャーに加え、人種差別に関する問題の増加により、公正かつ、相互理解があり帰属意識を持つことができる企業文化を築き上げる必要性がより大切になってきています。それは、メンタルヘルスと多様性、包括性を優先させる企業文化です。職場での支援を実感するには、当社のスタッフやパートナーは心理的に安心感を抱く必要があります。そして、Index Exchangeでは、あらゆる手段を講じ、困難な状況にある当社のスタッフや仲間、そしてその家族の皆さんへの支援を提供することに尽力しています。

「メンタルヘルスは人によって異なります。そのことを理解する会社で働くことが、私にとっては、常に優先事項でした。Index Exchangeでは、困難に陥ったときに活用できる根本的な支援とセイフティーネットがあります。私もそれに助けられました。困難なときに会社からの理解を得られるだけではなく、今年5月、社内のチームやパートナーがメンタルヘルスの重要性に注目する機会が設けられたことをうれしく思います。これは、Index Exchangeが「お互いに支え合うこと、それが大切である」というメッセージに対して、本当に信念を抱いているということの証拠の一つです。」– コンテンツ担当シニア・
マネージャー Genevieve Wheeler

5月はメンタルヘルス啓発月間です。そこで、当社の「お互いに支え合う」運動の一環として、いくつかの具体的な取り組みを紹介したいと思います。当社では、GivslyOmnicom Media GroupIAB Canadaなどの慈善活動のプラットフォーム、業界の有力企業、業界団体とパートナーを組み、業界全体におけるウェルネスと平等性を支持。ざっくばらんに話しをできる場やメンタルヘルス音楽セッション、またソーシャルメディアキャンペーンに参加するなどの活動を実施しました。

当社の主要な広告代理店パートナーの一社であるOMGと共同で、Givslyとのパートナーシップを通して「あなたは一人じゃない」というメッセージを広めました。当社ではこの月間を通し、職場でのメンタルヘルスにまつわる偏見について取り上げた資料を皆さんと共有するとともに、その話題に関するソートリーダーシップのイベントに参加し、メンタルヘルス関連の非営利団体のための寄付を募りました。

また、InsideOut LeaderBoardSarah Restall氏をお招きし、メンタルヘルスの管理と、セルフケアのための最善の方法を学びました。さらに、「メンタルヘルス関連書籍リスト」も作成しました。その中には、ジョン・イッツォ著「The Five Thieves of Happiness」、スザンナ・ケイセン著「Girl, Interrupted(邦訳:思春期病棟の少女たち)」、およびデビッド・D.バーンズ著「Feeling Good: The New Mood Therapy(邦訳:いやな気分よ、さようなら自分で学ぶ「抑うつ」克服法)」などの重要な書籍が含まれています。さらに、IAB CanadaD&I憲章の策定に、Index Exchangeの顧問弁護士Megha Wadhwaniが、貢献し、アドテク業界における多様性と包括性への取り組みを強化いたしました。

「会社のオーディエンスとスタッフを多様化することにより、新しい観点がもたらされ、戸口が開かれ、大きな成果をもたらしてくれます。個人的には、自分の意見を聞いてくれる場所で仕事をする機会を意識的に探します。意見を聞いてくれる場がそもそも与えられていれば、戦う必要もなく、本来の自分の仕事に集中できます。無駄なことと戦う労力は、メンタルヘルスに悪影響を及ぼすものなのです。Index Exchangeは、常に必要な機会を与えてくれるので、感謝しています。
」– 顧問弁護士 Megha Wadhwani

私たちは、お互いに支え合うことが本当に大切だと信じています。そんなチームで一緒に働きませんか?詳しくは、求人情報をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です