IX Perspectives Press

どうすれば私たちは誇りをもてる真の職場を築くことができるか?

若いカップルや年配の仲の良いカップルが、二人だけの世界にいるかのように、キスをして笑い合っているのを見かけることがよくあります。私がこの瞬間に感じる肯定する気持ちや暖かい心は、ある種の羨望を帯びたものです。私はそれほど自由になることができるでしょうか?私は愛する人に対して公の場で愛情を示すことができるでしょうか?

私はそうありたいと思っていますが、最近の LGBTQA コミュニティへの攻撃の急増は、公の場で性的なことを表現することは、一部の人が認識しているよりもはるかに危険な決断であることが明らかになってきました。そしてこのリスクは職場にも持ち越まれています。

そうです。ここ数カ月間、特に LGBTQA の人たちにとって、職場をマイノリティにとってより安全なものにする方法について、多くの記事が発表されています。しかし、英国では約 35 パーセントが、自分たちのことを明らかにしたり、職場で自分の性的指向についてオープンに話し合ったりすることにまだ居心地の悪さを感じています。私たちのアイデンティティのこの部分を覆い隠すように非常に大きなプレッシャーがかかります。そして明らかに、同僚とオープンで信頼した関係でいられない場合は、オフィスの内外で個人の幸福に有害な影響を及ぼすことがあります。

この課題に取り組むには、自分が LGBTQA であると認めた人たちにとって、職場で信頼した関係でいることがなぜそれほど難しいのかを理解することから始める必要があります。多くの人が気付いていないことですが、私たちのコミュニティが「アイデンティティの開示」と呼ばれるものに直面しなければならない唯一の少数派グループであるということです。性的指向は私たちのアイデンティティの見えない(しかし不可欠な)部分であるため、LGBTQA の各人は「カミングアウトして」、この事実を明らかにするように期待されています。私たちは、自らを「LGBTQA」として積極的にブランド化しなければなりません。このプロセスは、非常にストレスがかかるだけではありません。これは、あたかも、私たちの背中にターゲットを描き、憎悪と差別を経験するというリスクを高めている感じです。その結果、多くの LGBTQA の人は、この偏見を避けるために自分のアイデンティティを隠すことを決断します。これは自尊心の棄損と心理的苦痛につながります。

幸いなことに、私は個人的にこういったストレスを感じていません。私は幸運なことに、非常にインクルーシブな環境で働いています。多様性が恥ずべきものではなく、むしろ賞賛されているのです。そして、この LGBTQA コミュニティの受け入れは、 月から 7 月にかけての虹色のロゴに限定されるものではありません。私たちは、安全でインクルーシブな文化を築くための具体的なステップを踏み出しました。他の「高慢な」組織は、これを真似た方が良いのです。

何よりもまず、企業は、すべての従業員が職場で感受性をもったインクルーシブな態度で行動する方法を理解する必要があります。私たちはだれでも—自身が仲間だと考えるかもしれない人たちさえ—、無意識の偏見を示す傾向があります。これこそが、当社が感受性の訓練を通して認識し、矯正するよう従業員を訓練していることです。さらに、Index Exchange 社では、すべてのマイノリティに対して、躊躇することなく真の自己となるために必要な力とツールを提供することを目的とした自己主張ワークショップも導入しました。

他の小さな行動(最初に仮定しないで、自分たちの好みの代名詞を尋ねること、Stonewall の意義についてチームを教育することなど)と組み合わせることで、これらのイニシアチブによって、私は、安全で安心、そして快適な職場であると感じることができました。LGBTQA の仲間すべてがいつかそれぞれの分野で見つかることを願っている感じです。

しかし、正式な権利やワークショップを超えた場合、マイノリティにしばしば欠けている非公式な特権について留意することも重要です。HRC(人権キャンペーン)は最近、この理論を裏付ける研究を発表しました。2019 年には、非 LGBTQA の労働者の 81 % が、LGBTQA の自分の同僚がカミングアウトする必要はないと回答しました。しかし、逆に、同じ回答者の 70 % が、性的指向について話したり、職場で個人の生き方の詳細(デートの相手、結婚など)を共有したりすることは「プロらしくない」と述べました。5 人に 1 人の LGBTQA の回答者はまた、同僚が職場でより女性的または男性的な方法で服を着るべきであると、明示的または黙示的に言われたと報告しました。

誰もが、例外なく、それぞれのパートナー、それぞれのデートの様子、それぞれの別れについて、同僚と話すことができるはずです。誰もが「個人情報を漏らしすぎる人」や「異常者」と判することなく、それぞれのパートナーをオフィスに連れていく幸せな時間を認められるべきです。私たちはすべて、仕事で本物の自分として振る舞いたいのです。私たちは、そうすることをサポートされているとすべての人が感じるべきです

これはすべて、はるかに大きく、哲学的な問題へとつながります。私たちの本物の自己は誰ですか?そして、マイノリティとして、私たちの本物の自己のうち、どれだけの部分を職場で見せたり共有したりできるのでしょうか?

私は前者に対する決定的な答えを持っていません。しかし私は、私たちが、欠けた部分のない本物の自己として毎日仕事ができるべきであると信じています。LGBTQA コミュニティは存在しています。私たちは、それぞれがチーム、部門、そして会社に価値を付け加えます。そして私たちは、仕事で非 LGBTQA の同僚と同じくらい居心地よく感じることができる必要があります。

リーダー、仲間、そして LGBTQA の個人として、インクルーシブになるために戦い、それを促進すること、同僚を教育すること、そして私たち自身を賞賛することは、私たちの責任です。最終的には、具体的な措置を講じる組織のみが成功します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です