ケース・スタディ パートナー

ケーススタディ ― Fitbitが、人ベースのマーケティングを通じてROAS向上を達成した方法

卓球をする人たち

サードパーティー Cookie のない世界に備えるために、多くのブランドが、効果的に成果を測定しながら、価値の高いオーディエンスにリーチするため、人ベースのマーケティングを採用するようになってきています。

健康とフィットネステクノロジーの大手ブランドFitBit は、まさにそれを実現させた一社です。Index Exchange Matched Audiences™ を介して実装されたLiveRampを活用し、LiveRamp 認証済みアイデンティティ・インフラストラクチャーを基に構築された取引 ID を使って、価値の高いオーディエンスへのリーチを実現させました。この実装により、FitBit はサードパーティー Cookie 同期を必要とせずに、自社のオーディエンスと高品質なパブリッシャーの広告在庫をマッチングできるようになりました。

Cookie を介したオーディエンスへのリーチと、LiveRamp を介したオーディエンスへのリーチを比較したテストでは、後者がより大幅にビジネス効果を向上できることが分かったのです。FitBit は下記の成果を実現しています:

  • 広告費用回収率(ROAS)が倍増
  • ページビュー単価(CPPV)が 34% 削減
  • 平均注文額(AOV)が 13% 上昇

Index Exchange LiveRamp の実装について、また人ベースのマーケティングがCookie レスの未来においていかに成功するかについての詳細は、こちらのケーススタディをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です