ビデオ

Adweek: サードパーティーのクッキー・クランブルとして、パブリシャーの変化を準備するためのAd Tech Works

Index Exchangeは、人ベースのソリューションによって、バイヤーをウォールドガーデンから誘い出したいのです

商用インターネットの初期段階で記された、自由で容易なデータフローから業界が離れたために、独立した広告技術は2019年で混乱しました。これらの変化の多くは、一般公衆の視線にさらされたことが原因でした。

EUの一般データ保護規則や米国で近く制定されるカリフォルニア消費者個人情報条例 (そして他の法律草案) といった法律によってデータが禁止されました。

しかしながら、これらの変化から最もすぐに感じらたことは、AppleやFacebook、Google (おそらくは規制の最初のターゲット) といったウォールドガーデンが、独立した広告技術により引橋を上げつつある事、パブリッシャーがその結果として生じた経済的低迷を感じ始めた事です。

これらの苦悩を軽減する試みとして、数社が最近、LiveRampやLiveIntent、The Trade Deskなどでポイントソリューションを公開して、サードパーティーのクッキーやデータへの依存からの離脱を容易にするための自社の努力を強調しました。

これを直近で実行した会社が Index Exchangeです。CEOであるAndrew Casaleは、 来週の創造性のカンヌ・リオン フェスティバルオブクリエイティビティに先駆けて、IXラッパーからIXライブラリへと、パブリッシャーのマネタイゼーション・ツールのスイートのリブランドを掲げており、これはポイントソリューションからより完成したソリューションへの変化を反映するという意味での進化です。

IXライブラリは、3つの独立したのコンポーネントで構成されており、各コンポーネントは、最近では困難になりつつあったパブリッシャーのインベントリーを最大化するのに役立つものが完備されました。(たとえば、多くの会社が2017年からのApple Safariのインテリジェントトラッキング防止の実現と関連して、2018年度末から本年度にかけて収

益が多かったパブリッシャーの縮小が多数見られました。)

Indexのアイデンティティ・ライブラリのコンポーネントは、自社のヘッダー入札ソリューションと従来のパブリシャーのソリューションを一体化した特長を含みます。新製品はまた、ヘッダ入札設定に同様に役立ち、またアイデンティティ・ライブラリと共に提供されるGoogleアド・マネージャも利用しやすくさせる、管理されたサービスであるラッパーライブラリも特長としています。

Read More at Adweek

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です