プレス

Ad Age: プログラマティック広告の「透明性劇場」を終わらせる方法

すべての取引は項目化し、すべての参加者に対しバーチャルレシートを発行する必要があります。

2020年の夏を迎える頃には、嵐が吹き荒れることでしょう。マーケターはクリエイティブ戦略の練り直しを迫られ、。メディア企業においては過去最高レベルのユーザーエンゲージメントを管理しながら、未曾有の困難とも言える二項対立のビジネス環境に直面しなければなりませんでした。つまり、広告インプレッションの過剰供給(オーディエンス活動の上昇に起因)と、過去最低水準のデマンド密度(広告契約が減少し、停止状態に陥った業種に起因)に直面したのです。

私たちは業界の「技術」面で調整はしてきたものの、「科学」の部分にはまだ変化が必要です。

Read More at Ad Age

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です