教育

ヘッダー入札でバイヤーに権限が与えられる仕組み

広告の目標は常に、適切な時と場所で適切なオーディエンスに適切なメッセージを伝えるということでした。ヘッダー入札が幅広く導入されるまでは、バイヤーは大きな課題に直面していました。インベントリのビューアビリティが限定的であること、一環したオーディエンスへのアクセスがないこと、予測が困難であることなどです。バイヤーの運営効率は、アドサーバーで許可されるエクスチェンジパートナーのポジションと同程度に限定されていました。

以下でもご覧いただけるこの図では、ヘッダー入札でバイヤーに権限が与えられる仕組みが示されています。この仕組みに基づき、バイヤーがパフォーマンスを向上させるために必要となる要素は以下の通りです:

  • インベントリ:パブリッシャーのインベントリの明確な把握
  • 直接購入: 直接購入と競争する能力
  • 信頼性: 入札戦略のための信頼性の高い尺度

ヘッダー入札は、広告主のために、消費者の関心を引き付けるDSPの能力を向上させてきました。プレミアムインベントリとユーザーへのアクセス、アドサーバーでのより公平な評価、勝率に対するインサイトにより、バイヤーはより賢明な入札を行い、一貫して落札し、オーディエンスに対してより効果的に広告を配信することが可能となります。ご質問がある場合にはIXアカウントチームまでご連絡ください。また、こちらでお役に立つガイドもダウンロードしていただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です