Index Exchangeの視点

国際女性デー:IXがインスパイアする女性たちを祝福

3月8日は、規模の大小にかかわらず、世の女性たちが成し遂げた偉業を称えるために捧げられた、国際女性デー(IWD)という記念日です。私たちの人生に関わる女性たちに敬意を表する機会というだけでなく、この3月8日という日は、職場環境での活躍を支持することを喚起する機会でもあります。これは、私たちが常日頃からIndex Exchangeにもたらそうと懸命に取り組んでいるものです。

当社が中核に据えている価値観のひとつが、考え、人、そして文化における「多様性」です。この精神のもと、当社は全社の女性が、目の前に立ちはだかるいかなる障壁も打ち破れるよう支援され、モチベーションを高められ、そしてそれが可能だと感じられるようにすることに注力しています。私たちは、「Women in Eng」という社内のコミュニティグループや自己主張に関するワークショップ(いずれも自己を女性と認識する社員を勇気づけ、社員の気持ちを高めることを目的とするもの)などを通して、日々安心して互いを支え合う文化を築くことを目指してきました。本年の国際女性デーで、私たちはこのエンパワーメントの姿勢を一歩進め、世界中の社員(男性も女性も)に働きかけ、組織の外にも目を向けて、画期的な数学者からその妻、姉妹、そして母まで、自分が最も感化を受けた女性たちの話をシェアしていただきました。

IWDを迎えるまでに、私たちは当社のソーシャルチャネルを通じて、これらの話の一部を少しずつシェアしてきました。Index Exchange社員が課題を克服できるよう、個人的にも職業的にも影響を与えた女性にスポットライトを当てています。以下でその一例をいくつか紹介しますが、詳しくは当社のInstagramのページをご覧ください。そして、いつもと同じように、年間を通して私たちをインスパイアしてくれる(Index Exchange社員もそうでない人も含め)すべての女性に感謝したいと思います。

「姉のLessaは、私にとってとても大きなインスピレーションを与えてくれる女性です。姉は成人向けの特殊教育に自分の天職を見出しました。彼女が教室に与える情熱は、驚くべきもの以外の何ものでもありません。姉は生徒が秘める潜在的可能性を見出し、生徒が成し遂げたことを強く誇りに思っています。彼女は、生徒たちから自立心を引き出しました。生徒たちの家族が、その生徒が一生持つことはないと思っていた自立心をです。私と姉のキャリアは大きく異なりますが、姉が大人の特殊なニーズに合わせた教育を追求している姿を見て、私は情熱を持って働くことの大切さがよくわかりました。姉は間違いなく天職を見つけたわけですが、非常に困難な職業です。しかし、彼女の仕事に対する情熱こそ、生徒たちの人生に力強い影響を与える源なのです。姉は、共感的であることと現実的であることのどちらの性質も同じくらい持ち合わせており、それが教室内でも表われています。彼女は、車椅子の生徒たちと視線を合わせられるように、しゃがみこんでコミュニケーションをとります。また、生徒とは、同僚と話すときと同じように話します。それでも境界線を設け、教室内でのルールについて、その理由を説明します。また、かんしゃくを起こしても思い通りにはならないという断固とした姿勢を貫いています。そうした彼女の態度は、私が自分のキャリアを推し進め、一つひとつの新しい機会で最善を尽くし続けることができるよう、刺激を与えてくれます。写真は、姉と、姉が自分の結婚式に指輪を運ぶ係として招待した生徒です。 #InternationalWomensDay は、CEOから専業主婦まで、あらゆる女性を祝福することが重要です。今年のIWDのテーマは、 #BalanceforBetter (より良い世界のためのバランスを目指して)であり、あらゆる分野で女性の視点がもたらす価値をよく考えてみることを求めています。」 – Brittany Bernardi、人事部、プロジェクトマネージャー

「私は、母からてきぱきと働くことを学びました。母の変わらない勤勉さのお手本が、想像もしていなかったIndex Exchangeでの私のキャリアをもたらしてくれました。私生活では、母から、妥協することなく、耳を傾ける価値のある意見を持った女性として扱われることを要求する勇気を持つように教わりました。そうした教えは、私が生涯ずっと持ち続けていく価値観です。母がその姿勢ゆえの頑固さを(時々)悔やんでいたことはあったかもしれませんが、それと同じくらい、常に自分の信じていること、正しいことのために立ち上がることをいつも私に教えてくれました。今日の世界では、自分のまわりの自由権が終わりのないように思える攻撃に直面しています。そのなかで、この教訓はかつてなく重要なものであると思います。私たちは、自分の声、およびすべての基盤を用いて、できるだけ多くの命や人生にプラスの変化を起こすべきです。母は、自分の子供たちに考えられるベストな機会を与えられるよう、常に必死に働いてきました。私たちがカナダに引っ越してきた頃、母は家族が直面していた最も困難なときに、家族を一致団結させました。子供たちの将来にとって最善の選択であると信じながら、10代と5歳の子供を、知っているすべての人やものから引き離すというのは、並大抵のことではありません。カナダに引っ越してきてから、家族全員が成長し、活躍しています。私はIndex Exchangeに素晴らしい居場所を見つけ、弟は来年大学に進学、母は自分の小さなビジネスを始め(綺麗なドアリースが必要な方は、私に頼んでいただければ家族割引や友だち割引を適用させていただきます)、私も同じことをやるべきだと刺激を与えてくれました!母がリースを完成させるために必要とする時間よりも長く起きているたび、あるいは夜明け前に起きてクラフトショーに向け準備する姿を見るたびに、母のやることに対する情熱が見て取れます。母は成すことすべてに全力を注ぐのです。 #IWD19 は、世界、そして私たち自身の生活に変化をもたらした女性を見つめ直す機会を与えてくれます。国際女性デーは、私たちが暮らす世界について全体として見つめ直し、女性が二流市民だと考えられている場所がまだあることを思い出す機会でもあると思います。女性に権利や勇気を与え、教育することは、全員にとって世界をより良い場所にすることであると喚起する日です。」 – Holly McHale、ワークプレースプロジェクトマネージャー

「私の妻は、これまで常に、そしてこれからも、私にとって最大のモチベーションであり、最大のインスピレーションを与える女性です。結婚してから数カ月後、私は希少疾患(アジソン病)で危うく死ぬところでした。私が病で苦しんでいるときに、妻は常にそばにいてくれただけでなく、私が投薬に慣れるまで驚くほど辛抱強く支えてくれました(2年近くかかったので、たやすいことではありません)。彼女の辛抱強さは聖人にも等しいもので、その心はもっと寛大です。私の闘病後、妻はほかの人の人生に変化を起こそうと、慈善活動で働くために学校に通い始めました。私が3年前に地域のボランティアを始めたのも妻の影響で、妻は私の人生にプラスの影響を与えてくれました。慈善活動でフルタイムで働きながら、4歳の娘(そして私)の世話をするだけでなく、空き時間にはホームレスのシェルターでボランティア活動までしています。妻はそういう人なのです。それだけでもすごいことなのに、彼女は去年、初めてトライアスロンのレースを完走しました!娘にこれ以上のお手本となる人は見つからないでしょう。そして妻は私をより良い人間にしてくれます(彼女と付き合いがあるからそう思うだけかもしれませんが、それでも事実です)。妻はこのような素晴らしいことすべてを成し遂げながら、見返りを求めたり、その功績を認めてもらおうとしたりすることは決してありません。彼女の寛大な心と他者を助ける強い意志が、私にボランティアを始めさせたのです。妻の、自分で設定した目標を達成するという能力にも本当に感化されます。辛い時期に私を支えてくれたその辛抱強さは、愛だけでできるものではありません。私にとって、 #InternationalWomensDay は、女性たちが常に私たちの生活にこんなにも大きな影響を与えているという当然のことを指摘する機会です。これまで、私たちは社会における女性の重要な役割について多くの場合に忘れてしまっていた、あるいは忘れることを許してしまっていました。国際女性デーは、世界中、そして私たちの生活の中にいる女性たちを思い起こし、祝福させてくれる日です。」 – JJ Ledoux、エンジニアリングマネージャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です