Index Exchangeの視点

ExchangeWire: Cookieレス時代のマーケティングとは?―SSP手数料開示のIndex Exchangeが描き出す日本市場の未来

グローバル市場の現在に目を凝らすと、日本市場の未来が透けて見える。そこでヘッダービディング及びファーストプライスオークション導入やSSPの手数料開示などで先行し、現在はCookieレスなターゲティング手法の開発に取り組むグローバル大手SSP/アドエクスチェンジのIndex Exchangeに日本市場の未来図を描いてもらった。
(聞き手:ExchangeWire Japan長野雅俊)

SSP手数料開示を推進

―自己紹介と事業紹介をお願いします。

2019年12月よりIndex Exchangeの日本担当マネージングディレクターに着任した香川晴代です。当社は2018年5月から日本市場での事業を本格化させており、SSP/アドエクスチェンジとして既に数多くのプレミアム・パブリッシャー様とのお取引があります。一般的にはヘッダービディングの老舗企業として知られていますが、今後は広告主様、広告会社様、DSP事業者様の間にも認知を広げ、より透明性の高いプログラマティック広告市場のエコシステム構築に寄与できたらと考えています。

―現在はどのような取り組みに注力しているのでしょうか。

パブリッシャー企業様のプログラマティック広告による収益化支援を拡大しつつ、プログラマティック広告の透明性を高めることに注力しています。2019年秋に日本アドバタイザーズ協会(JAA)から発表された「アドバタイザー宣言」では、デジタル広告における「サプライチェーンの透明化」が課題に挙がりましたが、当社は率先してこの課題に取り組んでいます。具体的には、SSP手数料やオークションデータの完全開示などを通じて透明化を図っています。

SSP手数料の開示は欧米及び東南アジアでは一般的ですが、日本ではいまだに珍しがられます。ただ実はつい数年ほど前までは、欧州市場においてもSSP手数料を開示する事業者は少なかったのです。当社が欧州に進出した際にSSP開示を打ち出したことで、他の事業者もこの動きに追随したという経緯があります。日本市場においても同様の環境整備を目指します。

Read More at ExchangeWire

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です