Index Exchangeの視点

Drewのデスクより:個人情報保護法に対応する

5月25日より、EU一般データ保護規則(GDPR)が正式に履行されました。これは、当時恐れられていた2000年問題の再来とはなりませんでした。しかしながら、実際には何らかの問題が発生しました。第2四半期はこの業界の多くの人にとっては確定申告の時期ですが、GDPRのメリットは見逃せません。

改めてお伝えすると、GDPRはEU一般データ保護規則のことです。これは、欧州での個人情報の保護のために策定された、世界で最も厳格な一連の個人情報保護法です。この一連の規制により要求される最大の変化の1つは、データ処理の前にユーザーから明示的な同意を得ることが必要となる点です。では、これにより企業やパートナーにはどのような影響が生じたでしょうか?

当社のエクスチェンジを介した同意シグナルの質と量は短期的に(そして予想通り)下落し、その後増加しました。バイヤーの信頼が強化され、パブリッシャーの収益が回復しました。つまり通常に戻りました。

今後この業界では、ユーザーの個人情報を適切に管理していることを保証しつつ、バイヤーとセラーとの間での高速で効率的なトランザクションを継続する必要があります。EUのデータ主体に対してサービスを提供するパブリッシャーは、同意メカニズムを含む一連のGDPRに対するコンプライアンスソリューションを導入する必要があり、オーディエンスと強いつながりを持つパブリッシャーは信頼を取り戻すことができます。バイヤーは、同意を得ることができることを確認し、その企業のGDPRポリシーに基づいた入札レスポンスにおいてその同意を処理する方法を適切に決定する必要があります。

パブリッシャーに対する同意ソリューションの導入が進むにつれ、当社のエコシステムは、より明確で統合された混乱の少ないものとなります。これにより当社は、より成長することができ、消費者体験と良質のコンテンツが常に優先されるべきであることを改めて知らせてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です