イベント

Adweek: Index ExchangeがAd-Techサプライチェーンの陰りを救済

メディアバイヤーとセラーとの間の透明性がさらに必要

広告技術大手であるIndex Exchangeが市場にさらに必要な透明性をもたらす一連の変更を明らかにしました。

これには、バイヤー側とセラー側の評価ツール、そしてオークションプロセスでのバイヤーの過剰出費を抑えるための若干の調整が含まれます。これらのロールアウトは、セラーが誰と協業しているかをバイヤーが検証できるような、IABの2セットの標準である、sellers.jsonおよびSupplyChain目標を最近採択したことと連帯しています。

Index Exchange は、今年7月にロールアウトして以来、sellers.json標準を採択した大手プレーヤ数社のひとつであり、新たなロールアウトを取り、広告技術エコシステムでは隠し事がないことを明確に強調していますが、これは広告技術エコシステムでは稀です。

「弊社が実にハイエンドのパブリッシャーであるクライアントを抱えてから擁護してきた気風です」と、Index Exchange の製品担当副社長であるMichael McNeely氏は語っています。「弊社は、供給が良好な実にハイエンドのパブリッシャーと協業しており、どの会社と協業しているかを隠したり、エクスチェンヒを介してどのようにソースを求めるかを隠すことはないので、それから学んだようなものです。」

最初に提供したこととして、Index Exchange は、自社開発のClient Audit Log Service (CAL) を使い、オークションプロセスからのインプレッションレベルのデータへのウィンドウをクライアントに提供しました。これらのグラニュラーメトリクスはIndex Exchangeのプラットフォームでのバイヤー側では利用可能でしたが、更新されてパブリッシャーを含めサプライチェーンの誰でも利用できるようになりました。

Read More at Adweek

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です