Index Exchangeの視点

Index Exchangeのエンジニアリングの詳細のご紹介

アドテクノロジーをサポートするプラットフォームは複雑であり、Index Exchangeのテクノロジーも例外ではありません。幸運にも、当社のエンジニアリングチームは、絶え間なく成長し変化する市場で、非常に複雑な処理プロセスの拡張において成功を収めています。

アドテクノロジーをサポートするプラットフォームは複雑であり、Index Exchangeのテクノロジーも例外ではありません。幸運にも、当社のエンジニアリングチームは、絶え間なく成長し変化する市場で、非常に複雑な処理プロセスの拡張において成功を収めています。

ベーションの文化と、当社のエンジニアリングの世界の内部での動きに焦点を当てることを目的とした最新シリーズを公開いたします。内容には、特別プロジェクト、システムアップデート、革新的なブレイクスルー、一連のエンジニアリングが含まれます。

Index Exchangeの2人目の社員として、私は、当社の基盤であるソフトウェア、スタッフ、チームの素晴らしい成長と進化を目の当たりにしてきました。以前はCasale MediaであったIndex Exchangeは、当初4名のチームでスタートしました。創設当時は、夜食を取りながら夜遅くまでの残業が続きました。最初にインプレッションが上がってきた時には葉巻タバコで祝いました。 ゼロからのカスタムhttpサーバー構築につながったネットワークの立ち上げ後、異国の車、ビデオゲームのキャラクター、元素の名を取った製品など、様々なリリースが続きました。当社クライアントが成長するにつれ、当社の規模、サーバー、スタッフ数も成長しました。

Index Exchangeのエンジニアリング文化とイノベーションは現在は異なりますが、当社のコアバリューは変わっていません。今日Index Exchangeのエンジニアリングチームはエンジニア160名から構成され、急速に成長しています。後続の記事で詳細をご紹介する前に、「エンジニアリング中心」の企業であることは何を意味するかについてお伝えしたいと思います。

  • 当社はエンジニアの社員4人でスタートし、営業担当者はその後入社しました
  • 創設時、4人のエンジニアリングチームは、Index Exchangeのエンジニアリングインフラをゼロから構築しました
  • 当時はコードベースやバグトラッカーはなく、オフィススペースは狭い部屋で、いつもピザやポップコーンの匂いが充満していました
  • 現在Index Exchangeのエンジニアリングチームは、クライアントサイド、広告配信、運営、データの4つの部門に分かれています。
  • Index Exchangeの広告配信インフラはグローバルに展開されており、世界の8つのデータセンターにある5,623台のサーバーで構成されています
  • 毎日500億件のリクエストがあり、6000億件以上のオークション申し込みがあります
  • ピーク時にはQPSは100万に達します
  • 18万7000を超えるコアにより、当社は、TFLOPSによるスーパーコンピュータ上位500のうち42位にランクインします
  • 当社は7.6テラバイトの圧縮済みデータを毎日保存していますが、これは1日あたり約40テラバイトの非圧縮処理に相当します
  • 非常に短時間で大量のデータを処理しています

過去10年以上にわたり、当社のエンジニアは、大量の高品質の製品を構築する際に発生する膨大な量の技術的課題に取り組んできました。チームは幅広い知識と経験を有しており、これを共有したいと思っております。また今後、インサイトに満ちた興味深い記事をお読みいただき、Index Exchangeのエンジニアコミュニティについてお知りいただければ幸いです。

-M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です