見通し

IX マーケットプレース: 2020年7月1日

大きな変化

このニュースレターを開始してから、お馴染みのトム・ハンクスを、新型コロナウイルスがもたらした影響を分析する上で、非公式なアイコンとして使ってきました。彼が示すトレンドラインは、パンデミック前と後の世界に隔たる、ある種の境界線を表しています。彼の回復は、我々業界の回復を意味していました。その関係性は、まさに『トイ・ストーリー』に例えれば、ウッディにとってのアンディ、『ターナー&フーチ/すてきな相棒』に例えれば、ターナーにとってのフーチ、『フォレスト・ガンプ』に例えれば、ジェニーにとってのガンプ、『キャスト・アウェイ』に例えれば、ウィルソンにとってのチャック・ノーランド。(『キャスト・アウェイ』で彼が演じた役名を知らなかったので調べたのですが、チャックだとは思いませんでした。)ですから、トムに別れを告げる時が来たことは、悲しいことでもあります。。彼は素晴らしいガイドとして、絶望の淵から回復のピークへと私たちを導いてくれました。ほろ苦さを感じてしまいます。私たちは彼を失いますが、その代わりに再び広告出稿を取り戻すことができました。トム、お疲れ様でした。どうかフリークエンシーキャップの制限は緩やかで、ブロックリストが軽やかに、そしてCPMが充実していきますように。

このニュースレターをどの程度楽しみにして頂いているかにもよりますが、今後もトム・ハンクス抜きでMarketplace Pulseを引き続き配信していきますのでご安心を。ただし、若干の調整はあります。まず最初の変更点は配信ペースです。これまでは毎週配信でしたが、今後は月2回の配信に変更となります。これにより、長期の視点からトレンドを分析し、洞察を提供できるようになります。私としても、今後は広告出稿について話すための新しい、そして時に面白おかしい方法を毎週末何時間も考えることもなくなるということになります。すぐにはわからないかもしれませんが、言葉のストックが少なくなってきています。thesaurus.com(類義語辞典サイト)でのトラフィックが急増したのは、間違いなく私のせいです。

2つ目の変更点は、トレンドデータの見方になります。当社でいくつかアイデアが挙がっていますので、少し実験的に試してみようと思っています。フィードバックはいつでも歓迎です。これから見受けられる動きを、より良い角度から把握するために、色々と視点を変えてみるかもしれませんが、驚かないでください。このデータは常に方向性を示すためだけのものでした。皆様自身のデータに役立てていただくための軽いタッチのベンチマークです。つまり、これを使ってふざけたって構わないのです。もし戦略的な判断の材料として、このデータだけを頼っていたならば、私はもう何をお伝えすべきかわからなくなってしまいます。決して良い手とは思えません!内容の半分を広告の駄洒落に割くようなニュースレターなんて、私なら使いません。ただ、仮に使って下さる方がいるのならば、深い敬意を送りたいと思います。

皆様の安全、健康、幸福を心からお祈りしております。

Will Doherty
グローバルマーケットプレイス開発担当上級副社長
Index Exchange

トム・ハンクスよ、もう一度。『ワン・モア・タイム (One More Time)』

トム・ハンクスにこれが現実だと気づかされ、ウィルソンで横ばいに到達。サタデー・ナイト・ライブは、ゆっくりながらも戻りつつある希望を示している。
トム・ハンクスにこれが現実だと気づかされ、ウィルソンで横ばいに到達。サタデー・ナイト・ライブは、ゆっくりながらも戻りつつある希望を示している。

トム・ハンクスを見送るというのに、なんというやり方でしょうか。残念ながら、果敢に力を尽くしたものの、自動車と旅行分野は一線を越えられませんでした。両方ともいずれ反発すると思われますが、コロナウイルスの感染者数が増加しているため、旅行業界は、より多くの障害に直面する可能性があります。他の全ての分野ではコロナウイルス感染拡大前の基準値を上回っており、全体的な基準値も超えました。メディアは常に変動が激しい分野です。エンターテインメントは反発し、堅調な様子が見受けられます。

エンジンがブルンブルン:元気な音を聞かせてくれ

自動車業界は目覚ましい回復を続けています。4月の売上は、外出自粛で買い手が家にとどまっていたことから、大きな不透明感を伴って急落しました。工場は閉鎖され、自動車メーカーはそれに応じて広告を引き揚げましたが、5月と6月には国内売上に劇的な回復が見られました。自動車は、他の産業と同様に2020年は全体的な減少が見込まれていますが、多くのメーカーがその反動に期待をかけています。

出典:ニューヨークタイムス, Neal E. Boudette (自動車記者)
出典:ニューヨークタイムス, Neal E. Boudette (自動車記者)

世界のプレステージ

エンターテインメント業界は、パンデミックが始まって以来、非常に大きく変動してきましたが、ここに来て新高値を更新し始めました。XboxやPlayStation、スポーツリーグ、ギャンブルだけでなく、バーやレストランなどもエンターテイメントの分野に含まれます。ファストフード業界はかなり増加に転じています。速く、安く、できるだけ接触が少ない方法で食事を提供するための方法について、イノベーションを続けています。

出典:Business Insider, Erin McDowell (流通コンテンツ担当ジュニアレポーター)
出典:Business Insider, Erin McDowell (流通コンテンツ担当ジュニアレポーター)

スポーツ業界は、どうすれば復活できるのか、また復活させるべきなのか、創造的に考えなくてはなりませんでした。ファンが観戦できなくても、問題ありません。

出典:SFGate, Eric Ting (レポーター)
出典:SFGate, Eric Ting (レポーター)

新たな地へ

次回のニュースレター配信は第3四半期の最中になります。新たな地勢を見ることになるでしょう。パンデミックの初期に混乱を引き起こした外部要因の多くは解消されています。クリエイティブは練り直され、戦略は調整され、予算も回復しました。例年であれば、7月は6月に比べ軟調に推移します。夏休みがあり、学年度の終わりを迎えるため、通常この時期にはほとんどの予算がやや減速するものです。しかし、今年は違うのではないでしょうか。このまま行けば、7月のスタートは6月を上回り、比較的好調な第3四半期になるのではないかと見ています。

出典: Bookshop
出典: Bookshop

夏の読書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です