Index Exchangeの視点

This Woman’s Work: Tiffany Lee, The Trade Desk

This Womans Workにようこそ。これは、様々な女性がプロとしてまた個人的に先進技術業界をどう推進しているかという特集シリーズです。働く女性はアドバイスを沢山受けます。たとえば、リーン・インやリーン・アウト、積極定になるべきだが、あまり積極的にはなるな、などです。私たちは、日新月歩するテクノロジーの道を歩み責務を担う女性から常に刺激を受けます。今月は、The Trade Desk社のイベントリーパートナーシップのシニアディレクターであるTiffany Leeを特集します。

IX: The Trade Desk でのあなたの職務とそれをどう始めたのか、少し詳しくお話ししてください。

TL: 私は、北米に本社を構えるサプライドサイドプラットホーム (SSP) やエクスチェインジ・パートナーといった、トップ会社との関係を毎日、監督しています。職務には、契約交渉、ガイドラインやポリシー、マーケットの新しいチャネルと立ち上げ、また社内外の技術アカウント管理や製品、エンジニアリング、法務、財務のチームとのリエゾンが含まれます。

私は過去10年間、広告技術業界におり、メディアは常に、プログラマティック広告のトランザクションの通貨でした。私は、販売と購入の両サイドで仕事をした経験から、どうすればメディアのトランザクションがより効率的に改善されるかについて深い知識を得ました。

IX: この業界に初めに魅力を感じたことは何ですか?

TL: 私の母が広告業に携わっていました。母は私が若いときに、インスピレーションを与えてくれまして、マーケティングとブランディングの重要性に感服しました。私はUC バークレー校を卒業してから、世界の技術の中心地におり、幸運にもここで自分の道を見出しました。

IX: デジタル広告業には、「男子のクラブ」的な印象があります。その業界で、特にキャリアの最初のころ、どう立ち回ったのですか?

TL: カンファレンスやミーティングで女性は私だけだった日々を覚えていますし、大変でした。話す権利のために立ち上がったり、自分の声が届くようにしたり、もっと重要なことは、決して個人攻撃とは考えないと、自分自身に言い聞かせなければなりませんでした。また、インスピレーションを強く与えてくれる、魅力ある女性リーダーと同僚が、いつも自分の周辺にいたので、コラボとサポートがあるコミュニティに恵まれました。

IX: ガラスの天井を壊したい女性には、さらに何をアドバイスしますか?

TL: 現状にチャレンジする道は困難で孤独を感じるかもしれませんが、あなたは独りぼっちではありません。あなたの声やストーリー、意見は重要です。常に自分自身と自分の価値を信じることです。自分を見失ったと感じたときには、自分の周りには大勢の指導者 やリーダー、同僚、そして友人があり、あなたの成功への道を支援くれます。

IX: あなたのキャリアで直面した最も困難だった障害あるいはチャレンジは何でしたか? それをどう克服したのですか?

TL: 私個人にとって最大のチャレンジは、すべてが相手のせいではないことを受け入れることでした。自分には決して賛成してくれない、マーケット、会社、上司、チーム仲間は常にいるもので、ガラスの天井を壊すのには時間がかかることがあります。以前勤めた会社には、社外のコーヒーショップで私の年次評価をするマネージャーがいて、どうすれば一緒に仕事ができるか心療療法を受けて解決しろが最後の推奨内容でした。別の例では、出勤したら自分のバックフィル処理ためのインタビューに送られましたが、そのことを誰も私に伝えてくれませんでした。私は、求人雇用には候補者を専門家として面談します。私は教訓ごとに強くなり賢くなりましたが、もっと重要なことは、自分自身に感謝し自尊の念をもたなければならないとを学んだことです。

IX: その反面、あなたのキャリアで報いられた最大のチャンスは何でしたか? それをどう活用しましたか?

TL: Yahoo! が私を3年間アジアに派遣してくれたことは本当に幸運でした。私は、異なる地域のニーズやビジネス慣行の違いだけではなく、自分自身について、また世界に何が貢献できるかといった、多くのことを学びました。私たちが「グローバル」と言うときは、それは欧米の観点をしばしば意味しますが、それが世界の人々の大半の生き方にはそぐわないことがあります。 

グローバルな観点を理解すると、様々な見込みができ、この知識を今日まで自分のグローバルな役割で活用してきました。現在私は、グローバルなSSPのパートナーシップを監督しており、自分のアジア太平洋 (APAC) での経験から、米国や北米マーケットを超越して考えられるようになりました。

IX: いろいろなマーケットや地域で仕事をされたことから、プログラマティック広告によるランドスケープが地域ごと (米国とAPACとの間) でどう変わるかについて一言お願いします。

TL: デスクトップ表示のためのプログラマティック広告は、モバイルアプリやテレビ、オーディア、OOHには、そのまた転用できませんし、インターナショナルマーケットではさらに複雑になります。ヨーロッパは、GDRPと潜在的なブレグジットのインパクトで進化しつつあります。APACLATAMは、 固定電話を飛ばして直ぐに携帯空間を開発しました。したがって、プログラマティック広告は、地域のニーズに応じて並行して進化する可能性が高いと思います。

EMEAAPACLATAMを一括することはありますが、これらの地域の国々にはそれぞれの、要件と規定があります。異なる言語や文化のハンディが存在するのみならず、地域法律、週間、通貨、課税方針、センサーシップ要件、データ使用、ユーザーの選好もまた、国際ビジネスで成功する上での最大課題です。

IX: プログラマティック広告業界を一言で総括するなら、それは何ですか (そしてその理由は)?

TL: 「ダイナミック」 が、この業界がいかに変更に感受的であるかを示すと思います。プログラマティック広告は、過去10年間でランドスケープをディスラプションしてきており、現在は、オーディオやテレビ、家庭外といった新しいチャネルのディスラプションを余儀なくしています。この業界はまた、個人情報や GDPRCOPPA、広告ブロッキングといった、新規の規則や規定とも戦っています。この業界での仕事から毎日何かを学んでおり、チャレンジはありますが、とても充実しています。

IX: オフィスを離れると、余暇をどのように過ごしていますか? バケットリストには何がありますか (個人としてまた専門家として)?

TL: 私は、携わる仕事ではとても社交的ですが、週末は自分自身を充電したいです。ソファに座りっぱなしで殺人推理のシーズンドラマを見たり、家族や友人と博物館や農産物の野外市場、新装開店のレストランに行ったりします。

バケットリストには、慈善団体の理事会に参席したり、ボランティ活動をしたりして、コミュニティへのさらなる還元を考えています。また外国語を学んで世界中を旅行したいとも思っています。

IX: 最後の質問になりますが、サンフランシスコのベイ・エリアに住んで、気に入っていることは何ですか?

TL: ベイエリアの多様性と活動が大好きです。すること、見ること、食べること、そして探求することがいつも沢山あります。政治集会に参加したり、最高学府であるUCバークレー校やスタンフォード大学で考えさせられる講義を受けたり、SFシンフォニーに聴き入ったり、アウトサイドランズの音楽フェスティバルに行ったり、ミシュランの星付きの穴場レストランで食事したり、ナパバレーを楽しんだり、有名なセコイアの森を見たり、ゴールデンゲートブリッジ付近をハイキングしたりできます。もちろんベイアエリアはまだ、先端技術開発とディスラプションの中心でもあります。ベイエリアは皆にとって、そして私自身にとって、何かを提供してくれますし、いつも新しいことを見聞することができますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です